関西在住の秘書がオススメ!出張にぴったりの穴場ホテル6選

秘書のみなさん、こんにちは! ナミコです。

さて今回は、関西出張が入った上司への出張手配についてです。
「適当に予約しておいてください」などと頼まれてホテル選びに困った時や、ご自身の出張の際にお役立てください。

今回の記事では、

  1. 駅直結、もしくは駅チカで
  2. 繁忙期でも比較的予約しやすく
  3. ここだけ!のお楽しみがある!

そんな関西の穴場ホテルをいくつかご紹介したいと思います。
みなさんの出張手配時の一助となれば幸いです。

京都タワーホテル(JR京都駅直結)

秘書目線のオススメポイント

  • 京都駅地下通路直結(深夜早朝は地上から)、目の前にそびえる京都のシンボル「京都タワー」の下に宿泊!道に迷う心配も、雨に濡れる心配もゼロ!
  • 早朝深夜の移動でも安心安全、翌日の睡眠時間も確保
  • 建物内にレストランも多数、地下のフードコートではバラエティに富んだテイクアウトも可、静かなお部屋でじっくり籠ってお仕事可能
  • 建物内の『お土産参道』ではWEBでのお取り置きサービスが可能。上司の代わりに選んでおけば、チェックアウト時にピックアップするのみで、時間も有効活用できる

さらに!

  • 宿泊者限定、京都タワー展望台の割引券つき、ゲストと共に思い出作りも?
    (京都タワーフィギュアのガチャガチャもありますよ)
  • 京阪グループが経営しているので、系列の電車、バスのコンセプトルームが豊富
    (嵐電は一例)!電車、バスがお好きの方はお仕事の息抜きにぜひ……。

公式サイトはこちら

大阪コロナホテル(JR新大阪駅線路沿い)

秘書目線のオススメポイント

  • 新大阪駅から徒歩2分、線路沿いすぐ!始発、終電気にする必要なし
  • 会議室も併設、移動せず会議も開催できる
  • 駅前のビジネスホテルなのに、なんと露天風呂が無料で堪能できる
  • 和室もあり、和装の場合や荷物が多くても安心
  • 朝食バイキングが豪華で彩りよく、民宿かと思えるぐらいの完成度!朝から元気が出る(現在は個別盛り合わせ対応)
  • 不運な名前の風評被害に負けず、常にイベントを開催しSNSでの発信も話題!ホスピタリティに溢れたサービスが魅力

さらに!

  • 新幹線の線路が部屋の目の前!触れそうな距離で新幹線を堪能できる!

新幹線の騒音を逆手にとって、新幹線ビューホテルとして売り出すなど、鉄道ファンには有名なホテルです。
新幹線ビュールームプランなどかなり力を入れているので、外国からのゲストや撮り鉄さんにもオススメ。
運が良ければドクターイエローも間近で堪能できます!

公式サイトはこちら

ザ・リッツカールトン大阪(JR大阪駅徒歩7分)

秘書目線のオススメポイント

  • 言わずと知れた五つ星ホテル、すべてにおいてハイグレードでVIP対応にも安心
  • JR大阪駅から地下通路で数分にもかかわらず、百貨店や商業ビルが立ち並ぶ繁華街とは逆方向なので、ホテルまでの道のりは静かで快適。BGMが流れる、広く明るい通路を直進するのみ
  • 複雑さのあまり『梅田ダンジョン』とも揶揄される梅田地下街部分を全く通らずに済むため、人混みが苦手な方、地図の読めない方にもオススメです
  • 関空・伊丹空港からのリムジンバス停が至近距離にある上、バス停内にある専用電話で到着を告げると、バス停まで担当者が無料で迎えに来てくれるサービスあり!荷物が多くても、足元が悪くても、方向音痴でも全く心配なし!別途空港までの送迎も有料でアレンジ可。
  • 歓楽街である「北新地」は駅よりも近く、会食のアレンジがしやすい!
  • 高速道路の出入口も正面玄関の目の前。車寄せも広く、ハイヤーなどでも渋滞の多い梅田を通らず到着できるため、時間が読める
  • ブティックで大人気のチョコレート、焼き菓子、紅茶などオリジナルグッズは事前予約可。味とブランド力で手土産に悩む必要もなし。

さらに!

同行される場合はぜひ一流ホテルのスパやエステもご堪能ください。また、現在レストランはテイクアウトも可。ちょっと贅沢なご褒美ランチとしてもいかがでしょう?

公式サイトはこちら

ホテル竹園芦屋(JR芦屋駅直結)

秘書目線のオススメポイント

  • 大阪梅田と神戸三宮のちょうど中間、新快速停車駅直結で、その後の移動に便利
  • とにかくお肉が絶品!精肉店が発祥のホテルなので、外出せずとも神戸牛を堪能できる
  • サウナ付き大浴場あり!ゆっくりお風呂でくつろげる
  • 宿泊者には併設の精肉店で、百貨店でも大人気のコロッケ引換券サービス有
  • 精肉はもちろん地方発送も可能、ギフトや手土産にもおすすめ!
  • 創業以来、読売巨人軍常宿の老舗ホテル、フロントには懐かしい写真や、歴史が垣間見える展示も。
    巨人軍の思い出話や「長嶋さんと同じ散歩コースを楽しみたい」などの聖地巡礼とも言えるお願いも、フロントで丁寧に対応していただける。(ただし巨人軍宿泊時は貸し切りになるため泊まれません。)

さらに!

甲子園球場で伝統の一戦がある日の昼下がり、買い物途中に甲子園に向かうバスを上品に見送るのは芦屋市民の日常。
古くは王・長嶋から原現監督、清原、松井……大スターもみんなこちらに宿泊していました。巨人ファンの上司には非常にオススメです(笑)。

公式サイトはこちら

神戸ベイシェラトン ホテル&タワーズ(六甲ライナーアイランドセンター駅直結)

 

View this post on Instagram

 

junjun(@uruoi_junjun)がシェアした投稿

秘書目線のオススメポイント

  • 神戸のど真ん中で源泉かけ流し温泉を堪能(温泉の魅力で実はリピーターが多い)
  • 外資系ホテルにもかかわらず、淡路島の有名旅館が経営しているため、料理や温泉など、和風のおもてなしが味わえる
  • 空いている阪神高速湾岸線が目の前。関空へのアクセスは渋滞知らずで、とても便利。関空・三宮・新神戸駅へは直通バスもあり。
  • 「ランニングコース兵庫県10撰」にも選ばれたランニング、ウォーキングコースが整備されています。さらに女子サッカークラブである「INAC神戸レオネッサ」の練習場やフットサル場もあるなど風光明媚な場所。騒がしい都会には泊まりたくない、という方や長期滞在、リモートオフィスにもオススメ
  • 近隣にはインターナショナルスクールもあり、阪神タイガースやヴィッセル神戸の外国人選手も多数居住しており、外国人に快適な環境。海外からのゲストの宿泊にもオススメ
  • 人工島にあるため、一見不便そうで空いていることが多く、格安で泊まれることも!

さらに!

六甲ライナーという新交通システムに興味がある方もぜひどうぞ!
車窓からは神戸時代にイチローが住んでいた高級マンションが拝める他、有名な酒蔵や運河を堪能。
民家近くを通過する際は全面が一瞬で曇りガラスに変身する、という日本らしい技も楽しんでいただけます。

公式サイトはこちら

ANAクラウンプラザホテル神戸(新幹線新神戸駅直結)

秘書目線のオススメポイント

  • 新神戸駅直結、改札から道なりに歩けばホテルに到着、という迷いようがない便利さ
  • 大阪、京都、明石、姫路など近隣の新幹線停車駅へは在来線ではなく、新幹線で移動、という時短技が可能
  • 館内にレンタカー受付カウンターがあり、急に車が必要になっても安心
  • もちろんANAマイルがたまる
  • 高台の高層ホテルなので、予約時に『街側』を指定すると、『1000万ドルの夜景』ともいわれる神戸の夜景が堪能できる(クラブフロアは全室夜景ビュー)
  • ホテルの裏手はすぐ六甲山!『おいしい水』の源泉でもある布引の滝も普段着で徒歩圏内!神戸市中央区という都会であることを忘れて癒される!お散歩やハイキイングがお好きな方には特にオススメ

さらに!

広島東洋カープ常宿、カープ宿泊時はチェックインカウンターもカープファンで真っ赤に染まり、広島弁が飛び交います。カープ女子にもオススメです(笑)。

公式サイトはこちら

最後に

以上、いくつかご紹介いたしましたが、気になるホテルはありましたか?
野球と電車が大好きな私の個人的な嗜好もたっぷり含ませていただきました(笑)。

今回挙げたホテルは弊社でも何度もお世話になっていますので、ビジネス利用も安心です。
みなさんもよろしければ関西来訪の際、ホテルリストに追加してみてくださいね。

それでは秘書のみなさん、今日もお疲れさまです!

ナミコ

現在外資系商社にて、社長秘書、総務業務全般を約10年担当
突発的なトラブルすら面白がる前向きかつ好奇心旺盛な性格で、今日も楽しくお仕事中。
日々の気づきの中、秘書のみなさんと共有したいことを発信していきますね。

記事一覧

こちらの記事もオススメ!

  1. 面接で必ず聞かれる!?秘書に必要な要素ってなに?

  2. 秘書と仕事のマッチング。~企業の方へ秘書採用のコツもご紹介!~

  3. 秘書から広報へのキャリアチェンジ!私の経験談を大公開!

  4. こうして私はオンライン秘書になりました!

  5. 秘書の、秘書による、秘書のための!給与アップ大作戦!

  6. 面接で秘書を困らせる質問集!傾向と対策はコレ!

  7. 統計学に基づいた「自分の才能」が分かる!「ストレングスファインダー®」の面白さ!

  8. 秘書 キャリアアップ

    人生100年時代、これから秘書に必要なスキルとは?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP