秘書に求められる英語力とは?英語力アップの方法をご紹介!

英語は苦手!という秘書の方も多いと思います。「大学受験で苦労したのよね」「英会話学校の資料請求はしたけど、勇気がなくて…」なんて声も。苦手意識をいつまでも持っているより、えいっ!と気合を入れて向き合ってしまったほうが楽かもしれませんよ。英語を勉強して損になることはないですしね。
今回は秘書と英語の切っても切れない関係性について考えてみましょう。

「まずは英語での電話応対を覚えたい」という方向けに、手帳やデスクに貼ってご利用いただける英語フレーズ集も作ってみました。
詳しくはこちらから。

外資系企業勤務の秘書に必要な英語力は?

「英語力が必要な秘書」と聞くと、外資系企業で勤務する外国人付きの秘書がまず思い浮かびますね。上司が日本語のできない方であれば、英語力が高いことが秘書としての必須条件になります。過去に留学経験がある方、もしくは帰国子女の方で英語力の高い方が適任と言えるかと思います。

この場合、上司とのやりとりだけでなく、本国の役員や社員、社外のクライアントなど業務上のあらゆる登場人物との間で英語でのコミュニケーションが必要になります。

日々の業務で必要とされる、電話、メール、レター作成、資料作成…と考えると、目安としてTOIEC850点以上の高い英語力が求められると言えるでしょう。

日系勤務企業の秘書も英語力が必要!?

自分は外資系企業勤務ではないから英語とは無縁だわ、と思っていても、いつ英語が必要になるかわかりません。その日は突然やってくるかもしれないのです!

自社の海外進出に伴い、海外企業とのやりとりが増える、外国人社員が増えてくる、社内で英語が公用語化される、などというシチュエーションは今やどの企業で起こっても不思議はありません。
外国人のお客様がご来社される際、毎回担当の営業さんに頼み込んでご案内をお願いするのも一つの対応策かもしれません。でも秘書自らが笑顔で対応できるようになれば、周囲の社員やお客様からもきっと好印象かと思いますよ。

どこから始める!?秘書の英語勉強法あれこれ

秘書として最低限の英語力を身に着けたいと思った時に考えられる方法です。

  • 独学で。参考書やネットを利用して
  • 英会話教室に通う
  • オンライン英会話でレッスン
  • 海外留学で英語環境に身を置く

他にも英語の勉強法はあるかと思いますが、金額と時間を考慮して秘書としてのご自身にベストな方法で英語を勉強できるといいですよね。

まずは「英文ビジネスメールの書き方」などの参考書を1冊購入して、通勤時間に目を通してみるのはいかがでしょうか。英語の文章を記憶しなくても、あの例文は参考書のあの辺に書いてあったな…と思い出せるだけで充分ですよね。また、リスニングの勉強用アプリも色々あります。忙しい秘書さんにとって通勤時間に英語が勉強できるのは嬉しいことですよね。

秘書としてもっと英語を勉強したい!

もっと本格的に英語を勉強したいと思ったら、やはり英会話教室への通学が近道。
女性が通いやすい英会話スクールも色々あるようですし、料金も様々です。忙しい秘書業務を抱えつつ長く続けるためには、会社もしくは自宅の近くで探してみるのがオススメです。一緒に通う仲間もできるかもしれませんね。

「秘書の仕事が忙しくて定期的に通える自信がない」「もっとお金をかけずに英語を勉強したい」そんな方はオンライン英会話を検討してみてください。
月額5,000円程度~、英語のレッスン受講が可能なようです。「DMM英会話」や「レアジョブ英会話」などのサービス名を耳にしたことがある秘書さんも多いかもしれません。時差をうまく利用しているサービスだと、日本時間の早朝や夜遅くでも英語のレッスンが可能なようです。自宅にいながらオンラインで英語のレッスンができるのは忙しい秘書にとっては魅力的ですよね。

いつかは日本を飛び出して、海外へ英語の短期留学!

オンライン英会話で自信を付けたら、長期の休みを利用して英語の短期留学にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。フィリピンのセブ島は多くの日本人が英語の習得のために留学の場所として選んでいる実績があるようです。
しばし秘書業務から離れて、各国から英語の勉強をしに来たクラスメイトと一緒に英語漬けの日々を送る…想像してみるとワクワクしませんか。
こんな体験をしたらきっと自分の自信になりますし、秘書として新しい視野が広がるかもしれません。

英語ができる秘書になると……

英語力があると、秘書としての活躍の場がぐっと広がります。
外資系企業で勤務の可能性もありますし、日系企業でも海外事業担当の役員秘書という可能性も見えてきます。上司の海外出張の同行や海外からのお客様のアテンド業務もこなせる秘書は英語ができてこそ。
あらゆる企業で英語が重要になってきている現在、英語ができる秘書であることは非常に有利であると言えますね。

まとめ:迷うよりも最初の1歩!英語のできる秘書への道

今さら英語の勉強なんて気が遠くなるわ…、と敬遠してしまう方も多いかと思います。でも、ネイティブ並みの高い英語レベルを目指さなくてもいいんです。
秘書として業務に困らない程度にまずは英文メールの作成ができるようになろう、まずは海外のお客様を英語で会議室までご案内できるようになろうと少しずつゴールを決めていきましょう。

始めるのに遅いことはありません。今日から、今から、英語をスタートしてみませんか。
プロフェッショナルな秘書としては、日本語でも英語でも笑顔でスマートに対応したいですよね。コツコツと日々努力することで大きな道が開けるかもしれません。
まずは最初の1歩を踏み出してみてはいかがでしょか。あなたの挑戦を応援しています!

秘書のみなさん、今日もお疲れ様です!

電話で使える英語フレーズも!秘書さんのお役立ち素材集

とっさの電話対応でご活用いただける英語フレーズ集を作ってみました。
他にも「出張時の確認項目」や「新しい上司を担当するときの確認項目」など、秘書業務で「あって良かった!」と思っていただけるような素材が盛りだくさんです。

詳しくはこちら

編集長

某大手IT企業で5年ほど役員秘書として従事しました。現在は秘書経験を活かしたお花屋さんを営んでおります♪

記事一覧

こちらの記事もオススメ!

  1. 完全保存版!私のお手土産のネタ帳公開します!

  2. 超多忙!?秘書と他業務のかけ持ち経験談!

  3. あなたの「秘書のロールモデル」はどんな人?

  4. 秘書必見!元秘書が教える失敗しない「お祝いのお花」選び方と贈り方

  5. 関西の秘書が選ぶプレミアムな手土産5選!

  6. これだけは譲れない!秘書としてのマイポリシー!

  7. スケジュール管理はもう失敗しない!ミス予防策をご紹介!

  8. 秘書のメール整理術!受信ボックスは断捨離でスッキリ!

  9. 「私、秘書に向いている…?」そんな不安を感じた時の解消法!

メールマガジン
ダウンロードコンテンツ

Hisholio(ヒショリオ)とは

はじめまして。「Hisholio」編集長の笹木ナオミです。
「Hisholio」は秘書のみなさんが「今知りたい!」という情報をお届けするWebメディアです。
秘書業務で必要な知識、今後のキャリアアップ、秘書としてのライフスタイルや悩みまで。秘書の経験を持つライターさんたちが実際 の経験を記事としてお届けしています。
秘書のみなさんが明るく、楽しく、前向きに仕事に取り組んでいけるようにお手伝いしていきます!
PAGE TOP