英語オンチな私がCBS(国際秘書)検定に合格した体験記!

秘書のみなさん、こんにちは!
みなさんは「CBS(国際秘書)検定」という言葉を耳にされたことはありますか?

秘書の資格というと、最も有名なのは秘書技能検定(みなさんよくご存知のいわゆる秘書検定)ですよね。
この秘書検定は日本語による試験です。

一方で、今回取り上げる「CBS(国際秘書)検定」は日英両語を使える経営サポートスタッフを目指す試験です。
基礎力と応用力を備え、グローバルに活躍できる人材
が合格の対象です。

そこで今回は、この「CBS(国際秘書)検定」に挑戦した私の体験をみなさんにシェアしたいと思います。

秘書の私が受験しようと思ったきっかけ

まず、CBS(国際秘書)検定には、プライマリー試験とファイナル試験の2段階があります。
プライマリー試験を受験しようと思ったきっかけは秘書検定1級を取得後、さらに知識を得たいと思ったからです。

当時はちょうど転職して、他の業務と兼務して秘書を行っていた状態から、秘書専任になったばかり。
経験不足を知識で埋めたいという思いから挑戦しました。
しかしながら、プライマリー試験合格後、すぐにファイナル試験には挑戦しませんでした。

理由は2つあります。

続きを読むには会員ログインしてください。


秘書になって数十年。
変わりゆく秘書業務に対応しつつ、自分自身もしなやかにシフトチェンジしていきたいと思っています。
ワインを飲みながらおしゃべりしたり、ひとりの時はドラマや映画を観るのがお気に入りの過ごし方です!

記事一覧

こちらの記事もオススメ!

  1. 秘書の採用面接ってどんな感じ!?面接官に聞いた対策と裏話を大公開!

  2. 「秘書の仕事はAIに乗っ取られる!?」その後のSTORY 〜資格から始まった、秘書のキャリアチェンジ…

  3. 「とんでもございません」は誤り? 実は間違っていた敬語7選

  4. 産休秘書さんのカバー求人。期間限定でも行く?行かない?

  5. 秘書から秘書へキャリアアップ転職!魅力的な職務経歴書の書き方も大公開!

  6. 未経験でも秘書になれる!?押さえておきたい秘書への転職ポイント!

  7. スカウトしたい!こんな方も実は秘書さん向き!?~資格編~

  8. あなたは出来てる? 思わず上司に即レスさせるメールの書き方テクニック

PAGE TOP