「秘書の仕事はAIに乗っ取られる!?」その後のSTORY 〜資格から始まった、秘書のキャリアチェンジ〜

秘書のみなさん、こんにちは! まりこです。

以前、私が書いた記事『秘書の仕事はAIに乗っ取られる!? 秘書の私が出した結論はーー』の中で『人工知能関連の資格 G検定』について触れました。

実は今、思いもよらない形で活用しているんです!
今回は、G検定取得後の私の意外な変化についてお話させていただきます。

AIにできること・できないことを知りたい方にオススメな『G検定』

秘書として仕事をしていた際、漠然と「秘書の仕事は将来AIにとってかわられるのではないか」と思っていました。
そして、AI関連の書籍を読んだり調べているうちに行き着いたのが『G検定』という資格(試験)でした。

G検定は、AIの歴史や活用事例などの基本を学習し、知識や理解を証明する資格です。
日本トップクラスの人工知能研究者である、松尾豊さんが理事長を務める一般社団法人が主催されています。
そして、検定試験に合格すると資格を得ることができます。

2021年3月時点で、受験者数は53,437人となり、累計5万人を超えたようです。
(出典:https://www.jdla.org/news/20210402001/

G検定についての詳細は前回の記事でもご紹介しているので、よろしければ読んでみてくださいね。

G検定が、まさかの副業に……!

秘書として勤務しながら取得したG検定。
資格を取得した時点は仕事につながるなんて想像もしていませんでした。

続きを読むには会員ログインしてください。


まりこ

院長秘書など経験。
現在は講師の仕事を中心にエディター/ライターなどマルチポテンシャライトとして複数の仕事をしています。
取得資格は秘書検定1級をはじめ20以上。日々、何かしら勉強しています!

記事一覧

こちらの記事もオススメ!

  1. なぜ、女性秘書=セクシーというイメージなのか?100年以上前の高等女学校秘書科から読み解きました

  2. 【ライター ナミコより】Hisholioライターになってみて、思うこと。

  3. 秘書が実践しているリマインド術!LINEツール「リマインくん」の便利な活用法

  4. 秘書の仕事は十人十色。お手本や正解のない秘書の仕事ってどんなもの?

  5. 秘書の仕事はAIに乗っ取られる!? 秘書の私が出した結論はーー

  6. おうちバレンタインは今年のトレンドでヘルシーに!秘書さんにオススメのバレンタインギフト7選

  7. 産休秘書さんのカバー求人。期間限定でも行く?行かない?

  8. 秘書さんにも試して欲しい!リモートワークを快適にする5つのアイデア

PAGE TOP