Hisholioインタビュー:株式会社ラバブルマーケティンググループ 秘書 伊東こよみさん

Hisholioインタビュー、今回はデジタルマーケティングにおけるさまざまなソリューションを提供する、株式会社ラバブルマーケティンググループの秘書、伊東こよみさんです。

大学卒業後から秘書としてキャリアを積んできた伊東さん。過去には秘書ではない道に進んだこともあるそうですが、現在は秘書をご自身の天職としてとらえていらっしゃるとのこと。
その道のりや、転換期での迷いなどじっくりとお伺いしてきました!

意外なきっかけで秘書としてのキャリアがスタート

―伊東さん、今日はよろしくお願いします!
新卒から秘書ということなんですが、最初はどのようなきっかけで秘書となったのでしょうか?

こちらこそ、よろしくお願いします!
私は大学で天文学史を研究していたのですが、大学院に進むつもりでいたため就職活動はしていなかったんです。ところが最終的に学費の面で断念せざるを得なくなりまして(笑)
当時はちょうど就職氷河期だったこともあり、さあどうしようと思っていたところ、学内の掲示板に「秘書募集」という張り紙を見つけたんです。
その求人に直接応募し、卒業前に就職先を決めることができました。

就職先は法律事務所でした。実際に仕事を始めてみると、単なる秘書というよりは「法律事務職員」という感じで、事務所内で起きる事務処理全般を担当していました。
というのも、女性弁護士の先生と私だけのとても小さな事務所だったんです。
先生は法律的な業務のすべてを遂行し、それ以外の部分を私が対応していました。

例えば、請求書の発行や来客対応、先生の手書きのメモを書き起こして書面を作成して裁判所に届けたり。たまに裁判の傍聴をする機会もありました。
新卒から8年間、ずっと2人きりの環境でしたが、様々な経験ができ、とてもやりがいがありました。

地元に帰りたいという思いを胸に…


―長く勤務されたんですね!何がきっかけで転職されたんですか?

私は出身が北海道で、ずっと、いつか地元に帰りたいと思っていたんです。
就職して8年経って、30歳になるタイミングで思い切って退職して地元に戻り、ホテルの総支配人の秘書職につきました。

そこでは、予算関連の資料作成や、総支配人のスケジュール管理・出張手配などの他に、英語ができるスタッフがいなかったので、フロントに外国人のお客様がいらした際にはヘルプに行ったり、宴会場で人手が足りないときにはお皿を下げたり、ブライダルフェアでアテンドもしていました。
在籍期間の後半では、トレーニング・オフィサーというポジションを兼務して、社員への研修も行っていました。

新卒で入社した前職の規模がとても小さかったので、この会社で初めて組織の中で働くという経験をしました。いろいろとできていないことが多くて、すごく怒られたこともありますが、社会人として鍛えられたと思います。

―例えば、どんなことを怒られたんですか?

続きを読むには会員ログインしてください。


編集長

IT企業での秘書経験を元に2019年にHisholioを立ち上げました。
秘書さんが元気になれる情報や秘書業務に役立つ情報を発信していきます。
Hisholioを通して、秘書のみなさんの能力や成果が最大限発揮され、もっともっと活躍してもらえる世界を創っていきたいです。

記事一覧

こちらの記事もオススメ!

  1. Hisholioインタビュー:CHECKI株式会社 代表取締役 中川亜紀子さん

  2. Hisholioインタビュー:岩田 絵里奈さん ~株式会社ENG 管理本部~

  3. Hisholioインタビュー:野村奈央さん ~クロス・マーケティンググループ社長秘書~

  4. Hisholioインタビュー:クオリカプス株式会社 代表取締役 松村誠一郎さん

  5. Hisholioインタビュー:株式会社キャスター PR/人事 執行役員 勝見 彩乃さん

  6. Hisholioインタビュー:伊藤早央梨さん

  7. 『Hisholio』編集長が語る“野望”とは?

PAGE TOP