コロナ禍での社葬はどのように執り行われる?秘書として知っておきたい知識を伝授!

コロナ 社葬

秘書のみなさん、こんにちは!Emilyです。

創業者や経営者などが亡くなった際に会社が主体となって執り行う社葬。
そう何度も経験するものではないからこそ、いざという時に慌てないよう心の準備をしておきたいものです。

最近、取引先の執り行う社葬に上司と共に参列する機会がありました。
コロナ禍において、新たな参列マナーや運営方式も作られつつあるようです。

今回はその時の経験を、みなさんにも共有できればと思います!

コロナ禍でも「葬儀」は自粛の対象外

現状、コロナ禍でも葬儀は自粛の対象とはされていません。
これは、葬儀場が「社会生活を維持する上で必要な施設」であると位置付けられているためです。

とはいえ、大勢の参列者が集まる葬儀は、当然感染リスクを伴います。
実施にあたっては、運営側だけでなく、参列者も含めての感染症対策が必須です。

長引くコロナ禍で葬儀のあり方にも変化が生じていると言われていますが、実際にはどのようなことに気をつけなければならないのでしょうか。
いずれ自社が運営側となる可能性も踏まえ、今回の参列経験から葬儀のニューノーマルについて考えてみたいと思います。

続きを読むには会員ログインしてください。


Emily

企業の秘書室に所属し、社長秘書や会長秘書などを経験。企業秘書ならではの働き方やライフスタイルのこと、自分なりの考え方など、幅広いテーマで記事を書いていきたいと思っています!

記事一覧

こちらの記事もオススメ!

  1. 電報対応 マニュアル

    【祝電編】秘書さんのための!電報対応で工夫したいこと

  2. 隙間時間で差がつく!仕事中、手の空いた時にできる7つの行動

  3. あなたは出来てる? 思わず上司に即レスさせるメールの書き方テクニック

  4. 秘書の最新手土産術!3つのミッションをクリアせよ!

  5. 秘書の在宅ワークに欠かせない!Googleカレンダーの便利Tips

  6. 秘書必見!手土産虎の巻~上巻~

  7. 秘書が潜入調査!今さら聞けない株主総会のA to Z

  8. 海外からお客様が!秘書が対応するべき「ビザ」の手配とは!?

PAGE TOP