上司のマイクロマネジメントに悩む社会で秘書ができることとは

秘書のみなさん。こんにちは! sollaです。

働き方の変化に伴い在宅勤務も増えると、いろいろと不便と感じていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?
そんな中、在宅勤務が増えてきたことによって、上司がマイクロマネジメントをするようになってきたと感じている秘書さんが増えていると耳しました。

そこで今回は、上司のマイクロマネジメント化について、傾向と対策をシェアしたいと思います!

秘書が感じる、上司のマイクロマネジメントとは?

マイクロマネジメントについて、Wikipediaで調べてみると以下のように記されています。

マイクロマネジメントとは、管理者である上司が部下の業務に強い監督・干渉を行うことで、一般には否定的な意味で用いられる。

出典:マイクロマネジメント – Wikipedia

今までは、秘書である私たち部下がいつも身近にいて、何をしているのかが見て取れる状況にありました。
しかし在宅勤務が増えたことで、部下が何をしていて、進捗をタイムリーに知ることが難しくなっていますよね

そのため上司は疑心暗鬼に陥り「部下がさぼっているのではないか」「依頼した件にちゃんと対応しているのか」など、いらぬ心配が重なってしまっているのかもしれません。
このことから、必要以上の報告を強要したり、細かいことまでに干渉したりという悪循環に陥ってしまうのではないかと想像ができます。

マイクロマネジメントのリスクと秘書としてできること

今まで、部署内やチーム内と上司とのコミュニケーションを取り持ち、一生懸命チームの円滑化を培ってきた秘書さんも多いことでしょう。
しかし、上司が重箱の隅をつつくような言動をしては、せっかく築いた関係が崩れ、上司は部下の、部下は上司の愚痴をこぼすようになってくるのではないでしょうか。

すると部下は「どうせ細かいことを指摘されるんだから」と、上司に言われたことだけを能動的にこなすだけの社員に成り下がってしまう危険をはらんでいるとも考えられます。
しかも上司からの依頼を文句を言いながらイヤイヤ受けるようなことになってしまえば、ビジネスにも大きな影響を与えることになってしまいますよね。

そのような環境下において、秘書である私たちに何かできることはないのでしょうか?

続きを読むには会員ログインしてください。


solla

外資系・日系、大手企業から個人事業まで、幅広く社長秘書の経験あり。どんな困難でも楽しむ事が得意です。
趣味はローラースケート・ゴルフ・ツーリング。

記事一覧

こちらの記事もオススメ!

  1. 秘書の強~い味方!会員制レストラン潜入ルポ≪前編≫

  2. 思い出しても恐ろしい…。秘書のトラブル体験談!

  3. 一年の計は元旦にあり!? 秘書を悩ます年賀状準備!

  4. お祝いの気持ちを乗せて、正しい結婚式の電報の送り方!

  5. 実録大公開!これがリアルな秘書の1日!

  6. 目指せミスゼロ秘書!すぐ真似できるスケジュール管理術!

  7. リモートワークで働く秘書の工夫とマインドチェンジ方法をご紹介!

  8. 秘書を持つ上司のホンネ、聞いてきました!

PAGE TOP