秘書のダイエット!~お酒やおやつはどうする?~

みなさん、こんにちは!mimiです。
前回の記事では、ダイエットしたい女性には、カロリー制限よりも糖質制限が向いているというお話をしました。

糖質制限は比較的結果が早く出やすく、カロリー計算をする煩わしさがない、というのが糖質制限のメリットでしたね。
お肉やお魚は脂質を気にせず食べられるし、今やコンビニでもロカボ(低糖質)商品が多く売られているため、誰にでも始めやすくなっています。
私たちがカットするべきは糖質のみ!主食を減らしつつしっかり3度の食事を取って、おやつやお酒をやめればいいのです。

でも、ちょっと待って!「おやつやお酒が秘書のお仕事の唯一のストレス解消法なのに!」「やめられないから苦労しているのに…」という秘書さんのために、今日は糖質制限ダイエット中でもOKなお酒の飲み方と、オススメのおやつをご紹介したいと思います。

お誘いは断れません!という時の「秘書流お酒の飲み方」

私は飲み会の場の雰囲気は大好きですし、友人と食事に行く時はお酒も飲みます。
でも基本的にダイエット中にお酒を飲む時は量・質ともに気をつけるようにしていますし、家ではお酒は飲みません。

お酒には糖質をたっぷり含んだものが多く、中ジョッキ1杯のビールには約10.9gの糖質が含まれているので、糖質制限中は「とりあえずビール」の習慣は避けたいところです。
甘いリキュールが使われたカクテルも女子力は高めですが、糖質も高いので控えるようにしましょう。日本酒や梅酒も糖質たっぷりなので避けたいお酒です。

ワインやシャンパンは比較的糖質が低く、種類によっても異なるものの、平均1.5〜4gなのでOKです。ワインやシャンパンを飲む時は、甘口か辛口かで糖質量が変わってくるので、辛口をチョイスするとよいでしょう。
スパークリングワインはグラス1杯あたり15gと高いので、注意が必要です。

ウィスキーやウォッカなどの蒸留酒は糖質ゼロなので気にせず飲めるお酒です。ただ、アルコールが体内に取り込まれると、代謝のために大量のビタミンが消費されます。それによって筋肉にまで栄養が行き届かなくなり、筋肉が分解されてしまいます
また、肝臓がアルコールを分解することを最優先にしてしまい、脂肪を分解する方にエネルギーが使われなくなってしまうのです。

秘書らしい気働きで乗り切ろう!

このように、飲酒によって体に与える影響を考えると、やはりダイエット中のお酒は控え目にするのがベターです。
会社の飲み会では、秘書の得意とする気働きをいかんなく発揮する場として乗り切りましょう。

プライベートでの飲み会は、やはり少しは楽しみたいもの。ビールや食前酒に甘いカクテルで乾杯ではなく、「Brut(ブリュット=辛口)」のシャンパンやハイボールをたしなむ程度に、という大人の飲み方を。

モデルさんも食べている?!ヘルシーおやつ

毎日のおやつタイムがないと我慢できない、という方には糖質制限でおやつが食べられないのはとってもつらいことですよね。
そんな人に朗報です!糖質制限ダイエット中でも食べられる、むしろダイエット中だからこそ取り入れたいおやつがあるのです!

ひとつ目はくるみやアーモンドなどのナッツ類。ナッツといえば、よくモデルさんも栄養補給に取り入れていると言われていますよね。
くるみには良質なオイルであるオメガ3脂肪酸が多く、ポリフェノールなどの抗酸化値も高い上、ビタミンやミネラルもたっぷり含まれています。

アーモンドにも抗酸化作用の強いビタミンEが多く含まれており、食物繊維やミネラルも豊富で、アンチエイジング効果が見込めます。

ひとつ注意したいのが、塩味のついたミックスナッツや甘くコーティングされたものではなく、必ず素焼きのナッツを選ぶこと。小腹が空いたらつまめるように、小分けにして携帯するのがおススメですよ。

秘書がコンビニで注目すべきはお菓子コーナーではなく……アレです!

今日は残業確定!という日の夕方、息抜きにコンビニに行った時、ふらりとお菓子コーナーで新発売のお菓子を手に取ってしまう…という人はいませんか?(私はそうでした。)
でも、ダイエット中にコンビニで立ち寄るべきはお菓子コーナーではありません!実はおつまみコーナーやお惣菜コーナーこそ、糖質制限ダイエット中の強い味方
そこにはたんぱく質たっぷりのおやつがたくさん揃っているのです。

ビーフジャーキーやホタテの缶詰などは、低カロリーかつたんぱく質が豊富です。ソーセージやサラダチキンなどもオススメです。なんだか秘書のおやつっぽくないし、全然オシャレじゃない、という言葉が聞こえてきそうですが、私がこれらのおやつをオススメするのには理由があります。

ダイエット中にたんぱく質が不足すると、筋肉が痩せてしまい、脂肪の燃えにくい体になってしまいます。すると代謝が落ちて痩せにくい体質になってしまうのです。

秘書のダイエット、鍵を握るのはタンパク質!

女性が1日に必要とするタンパク質量の目安は、最低でも体重×1g(体重50キロの人なら一日50g)と言われています。糖質制限ダイエット中はより積極的にタンパク質を取りたいところです。
ところが、たんぱく質は1回の食事で約20g程度しか吸収できないと言われており、だからこそ間食でたんぱく質を取り入れてあげることが大切なのです!

オフィスで食べやすいものとしては、一口サイズのチーズ(キャンディのようにフィルムに包まれているもの)や食べやすいスティックタイプの鶏のささみなども売られていますので、おやつにはぜひたんぱく質をチョイスしていただきたいです。

それでもやっぱり甘いものが食べたい!と秘書さんにはコレ!

糖質制限中でも甘いものが食べたい!スイーツがやめられないので糖質制限ダイエットに挫折してしまった!という人も、甘いものを諦める必要はないのです。
先ほどダイエット中にたんぱく質が不足すると痩せにくくなるというお話をしましたが、たんぱく質を補給しながら甘いものが食べられるのが、プロテインバーなのです。

最近ではいろいろなメーカーからプロテインバーが発売されており、コンビニやドラッグストアで手軽に手に入れることができます。
チョコレート味を中心に種類も豊富です。一本で15g〜20g程度のたんぱく質も補給しつつ、甘いおやつも楽しめてしまう糖質制限ダイエット中にはありがたいおやつです。
ただし、同じ栄養補助スナックの中でも、プロテインバーではないものと混同しがちなので、注意が必要です。

とはいえ、プロテインバーにも糖質がたくさん含まれているのでは?と思うかもしれませんが、甘いものが食べたい時は、たんぱく質が取れるというメリットにフォーカスしましょう。

ダイエット中でも楽しもう!

糖質制限ダイエット中でも、飲み会やおやつを楽しむコツをご紹介してきましたが、いかがでしたか?
秘書のお仕事をしながらのダイエットは、ストレスも溜まるし、とっても大変ですよね。挫折しそうな時もあるかもしれませんが、楽しむ時は楽しむ!というメリハリをつけることが大切です。

そういった意味でも、糖質制限ダイエットを行う際は、期間を決めて行うというのが効率的ですね。糖質を徹底的にカットするなど、ストイックになり過ぎないことが、長続きするコツです。

ぜひ楽しみながらダイエットを行って、理想のプロポーションを手に入れましょう!

秘書のみなさん、今日もお疲れ様です!

 

mimi

金融、不動産業界にて秘書として勤務してきました。趣味は旅行と寝ること食べること!

記事一覧

こちらの記事もオススメ!

  1. リモートワークの秘書さん向け!失敗しないパソコン選びのコツ

  2. 秘書の味方!ダイエットの最強お助けアイテムをご紹介【下】

  3. 秘書さん必携!デスクワークがはかどる便利な事務用品5選!

  4. 『プラダを着た悪魔』に学ぶ理想の秘書像

  5. 秘書さんにオススメ!朝活をスタートした私の体験談!

  6. 秘書回顧録 ~私の人生が変わった上司のあの言葉~

  7. いつも明るい秘書を目指して!Let’s ポジティブトレーニング!

  8. いつまで秘書でいられる……?気になる「秘書の期限」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP