秘書さん大注目!大阪土産の新定番「チョーヤの梅結(うめむすび)」

秘書のみなさん、こんにちは。Hisholio副編集長のChiyoです。
先日、Hisholio編集部に1通のメールが届きました。差出人は……なんと!チョーヤフーズ株式会社さん!

なんでも、今年4月に新しい大阪土産として「梅結(うめむすび)」が新登場されたとのことで、
「この梅結をどうにか広めたい、どんな方が広めてくれるだろう?」と考えたところ、「人と人を繋ぐスペシャリストの秘書のみなさんだ!」と閃いたんだそうです。

そして秘書について検索していると……Hisholioに出会ってくださったそうです!
(ちなみに初めて読まれたのは、関西の手土産記事だそう)

きっと多くの秘書さんと同じような形で、Hisholioに出会っていただいたチョーヤフーズさん。
なんだか嬉しくなった編集部が直接お話を伺うと……秘書の手土産として本当に良いお菓子でした!!

  • 秘書のみなさんに「センスが良い」と思われる手土産
  • 昔ながらの白あん饅頭に梅ジャムという、意外な組み合わせが美味しくて驚き
  • 「ご縁を大切にしたい」というコンセプトはビジネスにもぴったり

という三拍子揃った手土産です!
編集長と一緒に開封・実食をしてみましたので、秘書のみなさんもぜひ「一緒に食べている気持ち」もしくは「手土産としてお渡ししたらこんな感じなんだ!という気持ち」でお読みいただけますと幸いです。

秘書なら気になる、パッケージと個包装

手土産の第一印象はパッケージで決まりますよね。
特に初めていただくものなら、パッケージで「ちゃんとしている感」が見られるかと思います。

チョーヤ・梅結のパッケージはこちら!

モダンで粋なデザインの中に、結構たくさんの情報量が散りばめられていますよ!

CHOYAのロゴ

あの「梅酒のチョーヤさん」が出しているお菓子、ということがひと目でわかります!
安心感・信頼感はもちろんのこと、会食などで話題にもしやすいですよね。

大阪梅菓(おおさかめいか)

「大阪」という地域限定が秘書さんに嬉しい!
大阪に関連する方に差し上げると、とても喜ばれそうですよね。
「銘菓」を“梅の和菓子”になぞらえた「梅菓」。梅酒のチョーヤさんならでは!の小粋なセンスが光ります。

紅白、水引、梅

縁起の良いシンボルがこれでもかと散りばめられているのに、センスよくまとまっているこの感じ!
おめでたい雰囲気のあるパッケージは手土産に最適です。

賞味期限は包装紙の裏側に記載されています。
約45日も持つので、関西の会社さんは会社に常備しておいてもいいかもしれませんね!

オフィスで食べやすい!プラカップ付きの個包装

包み紙を開けるとこんな感じ!
パール調の上品な箱の中に、個包装されたお菓子とリーフレットが入っています。

 

リーフレットには「ご縁を大切にしたい」というメッセージと、味のこだわりが!
こんな想いでいただいた手土産なんだ!ということを知っていただけたら嬉しいですし、秘書冥利に尽きますよね。

 

このようにプラのカップに入っています。
受け取った方が社内で配る際にもお皿を用意する必要がなく、もらった側の秘書さんも嬉しいのでは!

選べる3サイズ

「梅結」は9個、6個、3個入りのご用意があります。
お渡しする相手の人数やシーンに応じて選べるのも嬉しいポイントです!

いざ実食!チョーヤの梅結、ただのお饅頭ではない!

ぱっと見は、私たちがいつも慣れ親しんでいるお饅頭なのですが……。
ひと口食べるとこんなに笑みがこぼる美味しさ!

(※本当にこのとき初めて食べました)

それもそのはず。
「私たちが知っている美味しいおまんじゅう」と「なんだこの斬新な味は!?」が絶妙に共存しているのです。

3層仕立てで、いろんな美味しさが迫り来る!?

1層目:懐かしい美味しさの生地

外側は、どこか懐かしい味わいがする生地。
私たちが知っている「昔ながらの美味しいお饅頭」の味がします。

2層目:ほんのり梅風味の白あん

梅果汁仕立ての白あんは、真ん中にあってこその美味しさ!
あっさり程よい甘さと酸味で、「私たちが知っている味がする1層目」と「私たちが初めて知る味がする3層目」を見事に調和してくれています。

3層目:なんで、お饅頭に梅ジャムが!?

そして、梅結の1番深いところにあるのが、梅ジャムです。
チョーヤフーズさんの社長も「なんでこんなパンチのあるもんが入っとるんや!」と感じていただけるはず、とおっしゃっていました。

Hisholio編集部による、味わいの感想

編集長 笹木ナオミより

見た目にも美しく、お味もとっても良い!すてきな手土産だと思いました。
手土産選びに困っている秘書さんはぜひ1度試してみてください。

「チョーヤさんはお酒だけではなく食品事業も展開されていて、こんなお菓子も出しているんですよ」と会食の席でも話題になりそうですね。
そんなお話も添えて上司に渡していただくとよいかもしれません。

副編集長 ヤスナガチヨより

食べる前までは「お饅頭とジャムってそこまで斬新な味なのかな?」と思っていたのですが、食べてビックリ!斬新でした!
昔ながらのほっとする甘味と、梅の酸味がしっかり効いているジャムが不思議に立ち合います。

酸味がしっかりとしているので、甘い物があまり得意でない方も美味しくお召し上がりいただけそうです。
物珍しい初めての味ですが、誰が食べても美味しいなと思える完成度は、さすがのチョーヤさんだと思いました!

チョーヤの梅結、秘書目線でのオススメポイント

こんな秘書さんにオススメ

  • 大阪土産がマンネリ化してきている秘書さん
  • 安心感と斬新さを兼ね備えた手土産をお探しの秘書さん
  • 手土産もコンセプト重視!こだわりの強い上司をお持ちの秘書さん
  • 個包装で少人数から送れる手土産をお探しの秘書さん

こんなシーンにオススメ

    • 新幹線でパパッと買えて、手土産を選ぶ時間ロスを削減
    • 多くのお客様にご参加の御礼などをお渡しする際には3個入りがオススメ!
    • 先方が会食後に電車でご帰宅の場合。軽くて持ち運び便利!
    • これから良いご縁を結びたいお客様へ。願掛けで!

最後に、秘書のみなさんへ

最後に、チョーヤフーズのみなさんより、秘書のみなさんへメッセージをいただきました!

リモートの中、人と人とのふれあいが少なくなっているご時世ですよね。
人間関係にはふれあいが大事なんです。
絆を意味する「梅結」は、そのきっかけとして、秘書のみなさんに持っていっていただけると良い手土産かと思います。

大阪の新定番として、秘書のみなさんと一緒に「梅結」を盛り上げていけたら嬉しいです!

秘書さんのために立ち上げてここまで運営してきたHisholio。
秘書のみなさんと一緒に盛り上げたい!という企業さんまで現れてくださり、副編集長として感無量です。
そして実際に見てみて・食べてみて本当に良かったから、秘書のみなさんにも自信を持ってオススメできます!

チョーヤ「梅結」の
詳細・お問い合わせはこちら

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
それでは、秘書のみなさん、今日もお疲れさまでした!

Chiyo

Hisholio編集部技術メンバー。デザインや技術的なことを担当しています。

秘書経験はないのですが、Hisholioで培った経験を活かし、秘書の皆さんに役立つ情報をお届けできればと思います!

記事一覧

こちらの記事もオススメ!

  1. 関西在住の秘書がセレクト!厳選オススメ手土産【神戸・西宮編】

  2. 秘書を持つ上司のホンネ、聞いてきました!

  3. 作業時間の計測ツール「タイムクラウド」で、秘書の業務効率化&評価アップ!

  4. 秘書の最新手土産術!3つのミッションをクリアせよ!

  5. 秘書さんの机上をスッキリ!書類のファイリング術!

  6. 秘書を悩ます新しい生活様式!お客様へのお茶出しはどうする?

  7. 秘書必見!新しい上司を担当することになったら、まずコレ!

  8. 秘書業務の生産性UPには、上司との良好な関係が必須!

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP