秘書さんに自信を持ってオススメしたい「お仕事小説」5選!

おすすめ小説 2021

秘書のみなさん、こんにちは! まりこです。

今回は秘書さんにオススメの小説をご紹介したいと思います。
すべて働く人や職場を題材にした、いわば「お仕事小説」の特集です。

日々の業務で忙しい秘書さんも、お仕事小説なら読みやすくて感情移入しやすく、気分転換として読むのにちょうど良いですよ。
そして、だれかが頑張って仕事をしている様子を垣間見ることで自分自身の仕事の活力にも!
さくっと読めて元気が出るようなお仕事小説をピックアップしました。

みなさんのリフレッシュにも、ぜひ!

『本日はお日柄もよく』(原田マハ 著)

これまでの人生で「衝撃的な出会い」を経験したことはありますか?
この小説の主人公にとって、結婚式のスピーチがそれでした。

主人公はごく普通の会社員の女性。
幼なじみの結婚式で、あるスピーチを聞いたことにより人生ががらりと変わっていく様子が描かれています。

主人公を通して、仕事に対する考え方や向き合い方が変わるかもしれません。
もしかすると、今秘書として勤務しているあなたもこの小説の主人公のように「運命の出会い」があったから、今のお仕事をされているのかもしれません。
もしそうなら、とっても素敵だと思います。

「仕事でちょっとモヤモヤしている」「何か新しいことに挑戦したい」そんな想いを抱えている方にもオススメの1冊です。
読んだ後はすがすがしい気持ちになり、前向きな気持ちになれること間違いなし!です。

『ガール』(奥田英朗 著)

主人公は働く女性たち。
それぞれ境遇や立場が違うのですが、色々なことに悩みながらも生きていく等身大の女性たちの女心を的確に捉えていて「分かる分かる!」と共感してしまいます。

悩み多き年頃の繊細な機微を、男性の奥田さんが描き切っているのがまたすごいんです。
読み終わった後は「明日も仕事頑張ろう」と思える、爽快感のあるお仕事小説。

短編なので、通勤時や就寝前のちょっとした時間にキリよく読めますよ。
長い小説はちょっと……という方にもオススメです。

『ザ・ロイヤルファミリー』(早見和真 著)

秘書の鏡といえる方が、この小説に登場します。

物語は、男性社長秘書(マネージャー)視点で描く、社長(馬主)一家のお話。
競馬の知識がなくても、馬主の馬に対する情熱やレースの面白さに魅了され、読み始めるとページをめくる手が止まりません。

そして、この男性社長秘書さんが、とにかく素晴らしいんです。
経営者のことを1番に考え、公私問わずに尽くす。
ボスを心から尊敬していることが分かり、これぞ「秘書の鏡」だなと思いました。

こんな秘書がいたら上司も嬉しいだろうなと感じた1冊です。

『チョコレートコスモス』(恩田陸 著)

舞台のオーディションを通じて役者さんのプロ意識を垣間見ることができる小説です。

オーディションで突拍子もない設定が振られた時、役者はどのような演技をしてお客様を惹きつけることができるのか。
土壇場での機転や度胸は、秘書のお仕事にも共通しているかもしれません。

うまくなるには何らかのショックを受ける必要がある。他人の演技を見て打ちのめされることくらい、次のステップに向かう原動力になるものはない

大丈夫。あたしはまだ進化できる

このセリフにプロ意識を感じました。
まるで目の前でお芝居を見ているかのように世界観に引き込まれます。

『これは経費で落ちません』(青木裕 著)

経理部の仕事ができる女性社員を中心にした、わちゃわちゃお仕事小説。

会社ではきっちりお仕事して、給料日には「ご褒美ご飯」を楽しんだり、休みの日には週末用のネイルを施したりと、ささやかなライフスタイルを心から楽しむ主人公。
そんな何気ない日常に共感します。
いつも仕事を頑張っている秘書さんも、この主人公に共感できるところが多いかもしれません。

登場人物もユーモラスで憎めない人達ばかり。
小説は1~8巻まで発売されていて、テレビドラマにもなった人気の作品です。
みんな頑張っているんだなぁ、と元気づけられます。

まとめ

仕事系おすすめ小説

私は昨年150冊の本を読みましたが、今年はまだ70冊ほど。
去年読んで気に入った書籍を読みかえしたり、スローペースで読書しています。

今回紹介したお仕事小説は、特に私が好きなもので、2回以上読みかえしたものばかり。
自信をもってオススメできます。

全く関係ないジャンルの本でも、「秘書の仕事に似ているかも……」「私もこういう風に思ったことあるな」と秘書のお仕事との共通点を見つけることがあります。
お仕事小説から学んだことも多いので、面白そうだなと思った書籍があればぜひ、読んでみてくださいね。

それでは秘書のみなさん、本日もお疲れ様でした♪

まりこ

院長秘書など経験。
現在は講師の仕事を中心にエディター/ライターなどマルチポテンシャライトとして複数の仕事をしています。
取得資格は秘書検定1級をはじめ20以上。日々、何かしら勉強しています!

記事一覧

こちらの記事もオススメ!

  1. 意外と便利!「イングリッシュネーム」の手引き!

  2. 秘書と仕事のマッチング。~企業の方へ秘書採用のコツもご紹介!~

  3. 外資系秘書に求められる英語力とは?勉強法もご紹介!

  4. 秘書検定はとっておいた方がいい?取得メリットと準1級の勉強方法をご紹介

  5. 秘書も経営を学ぶ時代に!私のMBAチャレンジ体験記

  6. 打っても打っても返事が来ない! バイリンガル秘書の英語メール失敗談

  7. こうして私はオンライン秘書になりました!

  8. 面接で必ず聞かれる!?秘書に必要な要素ってなに?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

    • ナミコ
    • 2021年 11月 12日

    私も本が大好きなので、思わずコメントしてしまいました。
    『これは経費で落ちません』は多部ちゃんも、他のキャストも小説のイメージにぴったりで、録画して毎週観ていました♡
    またまりこさんのオススメを教えていただけるのを楽しみにしています。

PAGE TOP