令和の新秘書像——秘書に女性が多いのは日本だけ!?海外での秘書像もご紹介!

秘書のみなさんこんにちは、ナミコです。

みなさんは「秘書」という言葉で、どんな方をイメージされますか?
知的な感じ?優しそう?

いずれにせよ、女性をイメージされた方が多いのではないでしょうか。
けれど冷静に考えてみると、秘書という職業は男女で表記が違うこともなく、どちらが就いていてもおかしくない上、もちろん男性の秘書もいらっしゃるのはみなさんもご存じの通りです。
また、私は以前に秘書検定の試験会場で男性もお見掛けしたのですが、特に違和感はありませんでした。

ではなぜ秘書という言葉でまず浮かぶイメージは女性のままなのでしょう。
以前は女性の仕事とされ、スチュワーデス、保母、看護婦、という表記だった職業も、今やCA、保育士、看護師、と性差のない表現に置き換わって久しいというのに……。
秘書だけ変わらないのは不思議だと思いませんか?

そこで今回は私なりに考えてみたことと、同僚の男性秘書(アメリカ人)にも聞いてみた結果をまとめてみました。少しでもみなさんの気づきになれば幸いです。

秘書である私が考える秘書のイメージ

秘書の仕事は、みなさんよくご承知の通り多岐に渡りますよね。
臨機応変に、そして同時にいくつもの業務を効率よく行わなければなりません。

続きを読むには会員ログインしてください。


ナミコ

現在外資系商社にて、社長秘書、総務業務全般を約10年担当
突発的なトラブルすら面白がる前向きかつ好奇心旺盛な性格で、今日も楽しくお仕事中。
日々の気づきの中、秘書のみなさんと共有したいことを発信していきますね。

記事一覧

こちらの記事もオススメ!

  1. 異動の季節!新人秘書さんとのスムーズなコミュニケーションのコツ!

  2. 秘書がリモート時代に活用したいコミュニケーションツール4選

  3. 秘書のルーティーンを効率化!秘書業務のチリツモ時短技8選

  4. 今さら聞けない「SDGs」 秘書にできる取り組み30選!

  5. いつまで秘書でいられる……?気になる「秘書の期限」

  6. 関西在住の秘書がセレクト!厳選オススメ手土産【神戸・西宮編】

  7. 今日なに着ていく?失敗から学ぶ、秘書の服装コーデのポイント

  8. すべて丸ごとお見せします!秘書の会議調整、コツとポイント!

PAGE TOP