今日から始める!秘書にオススメ英語勉強法!

こんにちは、SAORIです!
突然ですが、秘書は会社の顔!日本語だけでなく、英語のシーンでも正しい文法で書きたいし、きれいな発音で話したいし、いつも丁寧でありたいですよね。
そうはいっても英語の勉強にはお金がかかるし、日々の仕事に追われているから予習復習に時間もかけられない…。

そんな秘書さんたちに、今回はポイントをおさえた勉強法をオススメします。

①ネイティブに習って
②毎日少しずつ
③楽しく
④リーズナブルに!

今日からできる勉強法です!

「まずは英語での電話応対を覚えたい」という方向けに、手帳やデスクに貼ってご利用いただける英語フレーズ集も作ってみました。
詳しくはこちらから。

NHKの音声教材を暗記するまで聴く

4月は、NHKのさまざまな英語講座が開講します。勉強を始めるのにいい季節ですよね。
春を過ぎてしまっても大丈夫!レッスンは毎回読みきりなので、途中からでも始められます。思い立った日からスタートできますよ。

通勤時間に「入門 ビジネス英語」の音声教材を暗記するまで聴くと、ビジネス初級の英語力がつくかもしれません。例文の暗記は、英語の上達の基本です。文法と発音の正しさで定評のあるNHK教材のきれいな英語が一生もので身につくでしょう。

入門ビジネス英語には、例えば、こんな例文が出ています。

・相手の発言の趣旨を確認するときの表現

If I understand correctly, sales in China have dropped by 30 percent.
わたしの理解が正しいとすると、中国での売り上げは30%落ちたということですね」

・わからないときに話を止める表現

  Sorry, but I’m lost. Could you repeat the options?
すみませんが、話についていけなくなりました。もう一度選択肢を言ってもらえますか?」

・相手の意見に理解を示す表現

 That’s a valid point. 
「ご指摘のとおりです」

ちょっと簡単かな、と思われるかもしれませんが、レベルの高い講座を選ぶと後々ついていくのが大変です。
毎年4月にテキストを購入するものの、三日坊主に終わる人も多いのではないでしょうか。「入門 ビジネス英語」は、基本的なビジネスマナーを身につけるのが目的で、ミーティングでの言い回しやメールの書き方の例文が豊富なので、オススメです!

オンラインレッスン


ネイティブの講師に1対1で習うのもオススメです。でも、英会話学校のプライベートレッスンは高いし、時間も取れないですよね。DMM英会話はスカイプなどを使って、マンツーマンで世界のネイティブの講師の英会話レッスンを受講できるサービスです。
マンツーマンレッスンは、自分では学習の目標が立てられなかったり、忙しくて復習まで手が回らなかったりする人に向いています。復習も、講師が一緒にやってくれることが多いからです。
英米以外のアクセントのある講師はちょっと…という方には、フィリピン人の講師だとアメリカ英語が流暢な人が多いので、良いかもしれません。

(DMM英会話のHPはこちら

公的機関の英会話教室は狙い目です!

勤労青少年ホームは働く若者のためにさまざまな教養講座やイベントを開催しています。行政のリストラで、全国の勤労青少年ホームの数はだいぶ減りましたが、もしお住まいの自治体にホームがまだ残っていたら、英会話講座があるかどうか聞いてみるのもいいかもしれません。
費用が安く、ネイティブの人が講師を務めてくれることが多いからです。だいたい市役所に事務局がありますので、「ネイティブの英会話レッスンはありますか?」と聞いてみてください。

私の家族は、”I am”と” I was”の区別もつかないほど(!)英語が苦手でしたが、南米出身(南米のネイティブにも、アメリカ英語を話す人がけっこういます)のネイティブの方のレッスンを受けて、今ではビジネスの英文メールをGoogle translateを使いつつ、難なくこなせるようになりました!

ネイティブと友達になれる”Meet Up Tokyo”は楽しい!

ニューヨークに本社があるMeet Upは、地域の共通の趣味を持つ人たちに向けてネットで告知を行い、カフェなどに集まって交流するソーシャルネットワーキングサービスです。日本にも支部があり、日本に住んでいるネイティブの外国人の方々と、英語で交流するグループもあります。

(Meet Upのイベント紹介ページはこちら 

私もアメリカ在住時に現地のMeet Upに参加していました。語学のMeet Upの費用は無料から15ドル(=1,600円程度)ぐらいまででした。私は簡単な日本語を習いたいというアメリカ人に日本語を教える代わりに、自分の英語の文章をネイティブチェックしてもらっていました。
そして、帰国後は日本でフランス語のMeet Upに参加しています。

ドラマで楽しく!


興味のある海外ドラマを繰り返し見ると、日常的な英会話力がつきます。ニューヨークの語学学校では、アジア系の留学生の間で「Friends」を教材にしている人が多かったです。高校の同級生たちが、大人になって繰り広げるシチュエーションコメディーで、「フレンズ勉強法」という言葉もできたほどです。
標準的な英語が使われていますし、笑えるし、ひとつのエピソードが20分ぐらいなので、気軽に見ることができます。

たとえば第1話からの会話例です。結婚式の当日に結婚をとりやめて、仕事を探しているレイチェルと友人たちの会話です。

Rachel : Are you kidding? I’m trained for nothing! I was laughed out of twelve interviews today.
レイチェル:そんなわけないでしょ、わたしは何の資格も持ってないのよ。今日、12社の面接を受けたけど簡単に落ちたわよ。

Chandler : And yet you’re surprisingly upbeat.
チャンドラー:でも、とっても楽しそうだね。

Rachel : You would be too if you found John and David boots on sale, fifty percent off!
レイチェル:ジョンアンドデヴィッドのブーツが半額だったのよ! こんなことがあったら、あなただってうれしいでしょ。

興味のある表現を覚えていけば、だいぶボキャブラリーが増えると思いますよ!

ひとりごとを英語で!

これは私が日本で通っていた英会話学校のカウンセラーさんに勧められた、お金のかからない、そして究極の上達法です。「ヘンな人」と思われてしまうかもしれませんが、ひとりごとを英語で言うと飛躍的にボキャブラリーが増えますよ。
例えば、今日の私ですが、朝起きてニュースを見て、ゴーン氏の再逮捕を知りました。

Oh, Mr. Ghosn rearrested on new charges!
「なんてこと、ゴーン氏が新たな容疑で再逮捕されたのね!」

と、自分で自分に英語で話しかけるのです。
これ、結構いいですよ。「再逮捕」や「容疑」って、英語でどう言うんだっけ?と調べる習慣がつき、英語を話す力がつきます。
みなさん今すぐ、ひとりごとを英語でいかがですか?笑

帰国子女じゃなくても、留学経験がなくても

私は20代のときに、突然「最近、海外の取引先が増えたので、英語で秘書業務をやってください」と言われました。その時の私の英語力は帰国子女でもないし、留学経験もないしで、中途半端なものでした。
必要に迫られて真剣に勉強を始めたのですが、最初は失敗ばかり。特に電話が苦手で、当時、取引先に「あなたの英語、よくわかんない!」と言われ、落ち込んだのを覚えています。

それでも、上記のような勉強を毎日少しずつ、コツコツと続けることで英語って楽しいな、と思えるようになりました
何かを始めるのに遅すぎることはありません!ぜひ思い立った時からスタートしてみてください。1年後、3年後、5年後にはきっと違う未来が待っていると思います!

秘書のみなさん、今日もお疲れ様です!

電話で使える英語フレーズも!秘書さんのお役立ち素材集

とっさの電話対応でご活用いただける英語フレーズ集を作ってみました。
他にも「出張時の確認項目」や「新しい上司を担当するときの確認項目」など、秘書業務で「あって良かった!」と思っていただけるような素材が盛りだくさんです。

詳しくはこちら

SAORI

日本の大企業でのバイリンガル秘書経験を生かし、欧米向けの貿易会社で英語を生かした仕事をしています。趣味は、現代アートのギャラリーめぐりです。

記事一覧

こちらの記事もオススメ!

  1. すべて丸ごとお見せします!秘書の会議調整、コツとポイント!

  2. 秘書の腕が試される!?スケジュール管理に関する私の経験談!

  3. 香典返しへの対応はどうする!?秘書を悩ませる弔事のマナー

  4. あなたの「秘書のロールモデル」はどんな人?

  5. ケース別実例つき!上司へのオススメギフト

  6. 秘書の強~い味方!会員制レストラン潜入ルポ≪前編≫

  7. 秘書がこっそり公開!私のオススメ手土産リスト

  8. 今さら聞けない!上司の郵便物、秘書としてどうしてる!?

  9. 秘書ならスマートに対処したい!弔事の際の「香典袋・のし袋」のまとめ

メールマガジン
ダウンロードコンテンツ

Hisholio(ヒショリオ)とは

はじめまして。「Hisholio」編集長の笹木ナオミです。
「Hisholio」は秘書のみなさんが「今知りたい!」という情報をお届けするWebメディアです。
秘書業務で必要な知識、今後のキャリアアップ、秘書としてのライフスタイルや悩みまで。秘書の経験を持つライターさんたちが実際 の経験を記事としてお届けしています。
秘書のみなさんが明るく、楽しく、前向きに仕事に取り組んでいけるようにお手伝いしていきます!
PAGE TOP